虫歯を防ぐには、チョコよりチョコドーナツ⁈

こんにちは、簡単でやさしい小児歯科を実践している歯科医師の南里(なんり)です。

子供達のお口に関するお父様お母様のお悩みをスッキリさせます。

虫歯を防ぐためのシンプルな方法は、糖分の「取り方」にあります。

何を取るかではなく、どんな形で取るかです。

溶けた状態でなく、固形で取る。

チョコレートそのままで食べるのではなく、チョコクッキーやチョコドーナツの形でたべる。

溶けた糖分は狭い隙間に入るけど、固形のものは狭い隙間にまでは入りきれずに歯に詰まるから歯ブラシでとれるわけです。

ひとことでいうと、

「液体の甘いものはとらない。

甘いものは固形で取ろう」

これを子供でも大人でも実践するだけなんです。

虫歯の予防は診療室で行われるものではなく、あなたの毎日で行われるものなのです。

まだまだ続きます!

なんり歯科医院を応援していただける方、下の【歯科医】ボタンをクリックお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ
にほんブログ村
  • ブックマーク
  • -
    コピー

この記事を書いた人

なんり歯科医院 南里 憲寛

なんり歯科医院 南里 憲寛

歯医者になって25年。
人生の半分を歯医者ですごしてきた福岡市早良区の歯科医師。
歯医者の仕事は、機能回復、審美回復、成長見守り。
見えないものを形にする大切な仕事。
なんてかっこいいことを言っているが、実際はただのしゃべりすぎる院長。見えないものや思いを形にするためブログスタートしました。
詳しいプロフィールはこちら